【妙典cat fellow netは市川市環境部 生活環境保全課の厳しい審査を受けた「地域猫活動 ボランティア団体」です。】

こんにちは!妙典cat fellow net と申します。市川市妙典地区の地域猫の適切な管理のために、避妊手術をすることにより繁殖を抑えて、猫による様々な被害を防ぎ、近隣の住民の皆様のご理解を得ながら、限られた場所、時間帯に餌を与え、時間をかけて、避妊・去勢手術を実施したり、捨て猫や虐待された猫たちの保護、里親探しを実施している、市川市環境部 生活環境保全課認可の地域猫活動ボランティア団体です。

一年間に殺処分されてしまう犬猫の数は10万頭とも言われており、千葉県だけで殺処分される猫は2000頭を超え、犬の4倍とも言われています。殺処分ゼロを実現するためには、今見かける猫がこれ以上、不幸な命を生み出さないように、不妊・去勢手術をして、生息地に戻してあげることが大切です。

江戸川沿いの河川敷ー私たち団体の管理区域では、さくら広場に生まれたての子猫が複数回捨てられたり、明らかに虐待を受けた形跡のある猫が瀕死の状態でビニール袋に入れられて放置されたり、船宿敷地内に明らかに飼い猫とおもわれる成猫が捨てられたり、制限速度を超えた車や逆走した車に跳ねられ死亡したり、無断駐車した車の死角から飛び出た猫が轢かれて亡くなったり、また、悪天候の際は江戸川の水位が増し、喧嘩などで追い詰められて猫が誤って水死したり、母猫が水位が高くなることを悟れず、子猫が溺れ死んだり…..痛ましい事故が続いております。TNRの有効性の啓発活動を含めて、私たちは行政に相談したり、ポスターや手製の立て看板を作成したりして、近隣住民の皆様の関心と、河川敷に散歩やジョギング、BBQに訪れる皆様に注意喚起を促してまいりました。そうした小さな地道な活動の積み重ねを経て、2016年6月6日に「市川市環境部環境保全課」(現在は環境部「生活環境保全課」)認可の団体登録に至り、2019年(令和元年)6月現在、市認可の「地域猫活動 ボランティア団体」として活動まる3年経過し、4年目を迎えました。

参考までに市川市の地域猫活動団体登録要件は↓

・構成員の所有地またはその設置について所有者の承諾を得た土地に餌場等を設置し適切に管理していること

・地域猫の健康状態、個体の生息数を管理していること

・地域猫活動を行うことについて、周辺住民、自治会などの理解を深めるとともに、その合意が得られるように努めていることなどが挙げられ、認可へ向けて生活環境保全課の厳しい審査を受けて認可された団体です。

 http://www.city.ichikawa.lg.jp/env03/1111000092.html

【参考資料】

「妙典cat fellow net」の活動履歴などについては、投稿記事をご覧ください。

・尚、「妙典キャットフェローネット」は2017年10月から「公益財団法人どうぶつ基金」の活動に、「協働ボランティア」として参加させていただいております。TNR活動の成果については、「どうぶつ基金」のホームページで佐上邦久理事長が説明されております。↓のわかりやすい動画とあわせて、是非、ご覧ください。